ESSロボットチャレンジ参加の皆様へ

ESSロボットチャレンジへのご参加ありがとうございました。
追加の提出物についても、ご協力よろしくお願いいたします(こちらの末尾に情報を掲載しています)。
なお、ESSロボットチャレンジに参加された方は、こちらからESS2017の講演動画をダウンロードできるようにいたしましたので、ご覧ください。


 

ESSロボチャレローバー競技向け特別講習会のお知らせ

本年度のESSロボットチャレンジでは、Zumoを使ったローバー競技課題を公開しております。本課題について、困ったこと、わからないことはFacebook「enPiT-Embサマースクール」で問い合わせることもできますが、直接ご指導いただける場を設けました。
Zoomでの配信も行いますぜひご活用ください。

・日時:7月9日(日)13時~17時半
・場所:東海大学高輪キャンパス 1号館14会議室
・講師:細合晋太郎先生((株)チェンジビジョン)
・申し込み方法:info.roboemb[at]gmail.comに参加される方のお名前メールアドレスをご連絡ください。
・持ち物:Zumo、開発用ノートPC
・Web配信: https://zoom.us/j/858569158 (各大学グループで1回線までの接続とします)

なお、事前に質問したい内容をFacebook「enPiT-Embサマースクール」にお早めにお寄せください。

ご来場いただければ、直接コーディング指導を受け、その場で実践できるというメリットがありますので、各グループの代表の方だけでもぜひご参加いただきたいと思います。

ESSロボットチャレンジについてはこちらをご参照ください。

ESSロボットチャレンジのお知らせ(2017年8月23日更新)

情報処理学会主催の「組込みシステムシンポジウム(ESS)」の特別企画として、今年も「ESSロボットチャレンジ」を下記のとおり開催いたしました。参加チームの皆様、お疲れ様でした。
後日、ESSロボットチャレンジの様子をご報告します。


  • 日程
    2017年8月11日(金)〜12日(土)
    (プログラム詳細を下記へ掲載しました。)
  • 場所
    東海大学 高輪キャンパス (2201教室(2号館2階))
  • 内容
    ロボットの制御を通して、組込みシステムへの理解を深めることを目的とし、実践的な内容のロボットチャレンジを行います。実際にロボットの制御を考え、競技することで受講生に新しいスキルとモチベーションを提供します。
  • 競技内容
    ESSロボットチャレンジ参加チームは、以下の2競技のうちどちらかもしくは両方を選択してください。
    ・ローバー競技
    ・マルチコプタ競技
    競技ルールの詳細はこちら (2017年7月5日更新) をご参照ください。
    ローバー競技については、以下もあわせてご参照ください。

     

  • 参加方法  (2017年8月3日更新)
    ESSロボットチャレンジには,チームの参加申し込みとESS2017への個人申し込みが必要です。
    →下記ホームページから7月31日までにお申し込みください。
    https://www.ipsj.or.jp/02moshikomi/event/event-ess2017.html
    (本年度の受付は終了いたしました)
  • 提出物の日程
    【提出書類1】ポスター概要(ESSプロシーディングに掲載されます.)~7/24(月)〆切
    【提出書類2】レジメ ~8/4(金)〆切
    【提出書類3】ポスターA4版(配布用) ~8/4(金)〆切
    【持参書類】 ポスターA0版(貼り出し用) ~8/11(金)持参
  • プログラム  (2017年8月3日更新)

    ※各チームの全体の競技時間は10分とし、交代は速やかに行うようご協力ください。

基調講演-1「第四次産業革命におけるビッグデータ・人工知能の活用」 東海大学 今村誠先生

近年,IoT(モノのインターネット)を活用して,未来型の製品やサービスを
提供する効率的な生産システムの構築を目指す産業改革(第四次産業革命)が,
ドイツ,米国,中国,日本などで注目されている。本講演では,この第四次
産業革命において重要な役割を担うビッグデータや人工知能に関連した
技術や事例を紹介する。

基調講演-2「AI・機械学習によるシステム制御」 関東学院大学 元木誠先生

近年,国内外問わず,社会の多種膨大な情報の利活用を可能とするための
統合化技術の創出が求められている。国内では平成28年度より文部科学省において
「AIP:人工知能/ビッグデータ/IoT/サイバーセキュリティ統合プロジェクト」が
実施され,社会の様々な分野における多種・膨大な情報をもとに状況に応じ,
知的で統合的な解析・処理・制御を行うことのできる情報基盤技術の確立を
目指している。ここでは,AIPについて紹介するとともに,AI・機械学習を
システム制御(特にロボット行動制御)に適用した事例について紹介する。

  • 成果報告会について (2017年8月3日に説明追加)

    チームごとに前日のロボチャレの競技内容や結果についてPPTを用いた5分程度のプレゼンテーションと、5分程度の質疑応答やアドバイスをいただく場を設けました。チームで協力してご準備ください。

  • お問い合わせ
    東海大学 03-3441-1171(代表)、info[at]roboemb.jp
    九州大学 092-802-3864、info[at]qito.kyushu-u.ac.jp
    Facebook  「enPiT-Embサマースクール」

enPiTグローバル化のための英語コミュニケーション技術講座

東海大学情報通信学部非常勤講師の山浦恒央先生をお招きして、演習も交えながら英語コミュニケーション技術をご講義いただきます。

1)会場
東海大学 高輪キャンパス (14会議室(1号館4階))

所在地:
〒108-8619  東京都港区高輪2-3-23
Tel: 03-3441-1171(代表)

アクセス:
★JR・京浜急行「品川駅」下車、高輪口より徒歩約18分(改札より右方向(田町方面)に進み、「高輪2丁目」交差点を左折)
★JR・京浜急行「品川駅」下車、高輪口より都バス「目黒駅行」に乗り「高輪警察署前」下車、徒歩約3分
★東京メトロ南北線・都営地下鉄三田線「白金高輪駅」下車、出口1から左に進み、徒歩約8分
★都営地下鉄浅草線「泉岳寺駅」下車、A2出口より徒歩約10分

2)日時

1回目: 2017年3月6日 9時20分~16時40分

2回目: 2017年3月7日 9時20分~16時40分

3)プログラム
1日目<英語コミュニケーションの基礎>
1時限目
・オリエンテーション
・英語によるコミュニケーションの基本
2時限目
・英語能力向上のヒント
・英文メールのやりとりの方法(演習あり)
3時限目
・技術翻訳の方法(演習あり)
4時限目
・英語による技術的プレゼンテーション

2日目<英語による技術的プレゼンテーション>
1時限目
・発表資料作成の個別指導
2時限目
・発表1回目および議論
3時限目
・発表資料修正の個別指導
4時限目
・発表2回目および議論

参加者御連絡のお願い

トライアルスプリングスクールの参加人数をお知らせください.

定員50名の会議室での講演・実習となります。お早めにご連絡ください。

1.所属名
大学名、研究室名など
2.参加者名
学年,懇親会参加の有無をお知らせください

※大学単位で御連絡頂けます
参加者全員の情報をお知らせください.

■宛先
info@roboemb.jp

記入例)
東海 華子(B3) 懇親会:参加
東海 太郎(M1) 懇親会:不参加

画像処理と音声処理に関する実習型講義を東海大学で開催します

下記の日程で、東京工芸大学工学部メディア画像学科の森山剛先生をお招きして、画像処理と音声処理に関する実習型講義を開催いたします。

1)会場
東海大学 高輪キャンパス (14会議室(1号館4階))

所在地:
〒108-8619  東京都港区高輪2-3-23

Tel: 03-3441-1171(代表)

アクセス:
★JR・京浜急行「品川駅」下車、高輪口より徒歩約18分(改札より右方向(田町方面)に進み、「高輪2丁目」交差点を左折)
★JR・京浜急行「品川駅」下車、高輪口より都バス「目黒駅行」に乗り「高輪警察署前」下車、徒歩約3分
★東京メトロ南北線・都営地下鉄三田線「白金高輪駅」下車、出口1から左に進み、徒歩約8分
★都営地下鉄浅草線「泉岳寺駅」下車、A2出口より徒歩約10分

2)日時

1回目: 2017年2月20日 13時25分~16時40分

2回目: 2017年3月1日 13時25分~16時40分

3)プログラム

 

 

第2期enPiTトライアルスプリングスクールを開催します

29年度から新体制となる第2期「enPiT-Emb」のトライアルスプリングスクールを開催致します。
(※上限人数は50名となります.)

1)会場
東海大学 高輪キャンパス (1B201)

所在地:
〒108-8619  東京都港区高輪2-3-23

Tel: 03-3441-1171(代表)

アクセス:
★JR・京浜急行「品川駅」下車、高輪口より徒歩約18分(改札より右方向(田町方面)に進み、「高輪2丁目」交差点を左折)
★JR・京浜急行「品川駅」下車、高輪口より都バス「目黒駅行」に乗り「高輪警察署前」下車、徒歩約3分
★東京メトロ南北線・都営地下鉄三田線「白金高輪駅」下車、出口1から左に進み、徒歩約8分
★都営地下鉄浅草線「泉岳寺駅」下車、A2出口より徒歩約10分

2)日時

1日目: 2017年3月3日 9時30分~17時00分 (懇親会:17:30~20:00)

2日目: 2017年3月4日 9時30分~17時00分

3)プログラム

program

基調講演-1 「組込みシステムとIoT/M2M」 大阪電気通信大学 南角茂樹先生

昨年,ソフトバンクグループがARMを買収した。その理由のひとつはARMがIoT(Internet of Things)という巨大市場においてさらに成長するポテンシャルを持っていることであり,ビジネスを行っている市場であるモバイルアプリケーションプロセッサー、エンベデッド、自動車、家電製品など2020年に向けて大きな市場拡大が見込まれるためとのことである。IoTとはすべてのものがネットワークに接続された世界で、それらの情報を収集、分析し、社会的問題や企業が抱える課題を解決したり、個人の生活を豊かにしたりする新たなサービスやビジネスの創出が期待されている。しかしながらIoTは従来の組み込みシステム(Embedded Systems),ICTそしてM2Mなどと異なるものだろうか?この講義ではそれらに欠かせない組み込みシステムを中心に,IoT,M2Mに関しても説明する.

基調講演-2 「組込み手習いを始めるみなさんへ」 東陽テクニカ 二上貴夫様

世の中には、図抜けた知力が必要な仕事とか研究というものがあります。幸いなことに組込みシステムや組込みソフトウェア開発はそのような並外れた分野ではありません。どちらかというと、まじめにコツコツと積み重ねた結果が良い成果を生みます。とはいえ、学び方のコツ、知っておいた方が良い常識や経験知というものがあります。enPiTで組込みソフトウェアの専門的な学習に臨む皆さんに役に立つ、開発技術の楽しみ方からちょっと怖い話まで、いくつかのお話しをプレゼントしたいと思います。

4)懇親会のお知らせ
3日の講義終了後に懇親会を開催いたします.是非ご参加ください.

日時:3月3日 17:30~20:00
場所:14会議室(1号館4階)

※参加の有無をメールにてお知らせください.
詳しくはこちら