enPiTサマースクール2021

概要

本サマースクールでは、2020年度まで行われてきた文部科学省の教育プロジェクトであるenPiT2 (成長分野を支える情報技術人材の育成拠点の形成)のサマースクールに基づいた教育を実施し、修了者はenPiT2の修了資格が与えられます。さらに、サマースクールは学会主催のロボットコンテストであるESSロボットチャレンジと連携した基礎教育として実施されてきました。ESSロボットチャレンジは、2004年は情報処理学会 ソフトウェア工学研究会主催の組込みソフトウェアシンポジウムの特別企画MDD(Model-Driven Development)ロボットチャレンジとして開催され、2005年から組込みシステム研究会主催になりました。2004年から、複数の分野に属する企業・大学の開発者・研究者・教育者が集い、時流に適した教育について議論し、新しい教育を提供しています。昨年度からは本格的なリモート開発を仮想環境上で構築する新しい取り組みを始め、ポストコロナ時代の新しい開発方法を体験できる短期集中のサマースクールです。

教育目標

本サマースクールでは、組込みシステム開発の実践力を育成するために、enPiT2の組込みシステム分野(enPiT-Emb)の教育目標に従った教育を実施しています。enPiT-Embでは教育目標として、QuadProと呼ぶ以下の4つの力を育成する教育フレームワークを定め、サマースクールでは下記の内容を教育することを目標としています。

Product(システムを作る): ロボット開発のためのソフトウェア工学・制御工学の教育
Project(プロジェクトを運営する ):   Scrumに基づいたプロジェクトマネージメント技術
Process(計画を実行する):        フォローアップ教育、提出物による計画遂行サポート
Professional(専門家を目指す):  品質向上精神&デッドライン厳守

日程

チュートリアル 8/16(月), 17(火)
フィードバック 8/20(金)
成果発表会 8/24(火)

開催方法


各大学または研究室に分散、または、状況に応じて学生個別の遠隔実施になります。
※ 一つの大学に複数の大学が集合して実施することはありません。

開催内容

詳細については後日発表しますが、基本的には2020年度の内容と同様です。

参加申し込み(申し込み締め切り2021年6月30日)

参加を希望するチームの教員宛に詳細な申込書を送付します。下記から申し込みお願いします。

参加申し込み書

問い合わせ先

こちらから問い合わせをお願いします。