ESSロボットチャレンジ2019

情報処理学会主催の「組込みシステムシンポジウム(ESS)」の特別企画として、今年も「ESSロボットチャレンジ2019」を開催いたします。ロボット制御を題材としたPBLをチームごとに実践し、「競技会」という形で成果を競います。奮ってご参加ください。


提出課題について

ESSロボットチャレンジ2019の課題をすすめながら、下記の3つの提出書類を参加チームごとにご準備ください。提出方法については、本ホームページにて随時お知らせします。

  • 【提出書類1】ポスター概要(ESS2019プロシーディングに掲載されます)~7/31日(水)〆切(延長なし)
  • 【提出書類2】レジメ ~8/16日(金)〆切
  • 【提出書類3】ポスターA4版(配布用) ~8/16日(金)〆切
  • 【持参提出物1】ポスターA0版(貼り出し用) 8/22(木)
  • 【持参提出物2】 成果報告会PPT 8/23(金)
    • 成果報告会として、 チームごとに前日のロボチャレの競技内容や結果について、PPTを用いた5分程度のプレゼンテーションと、5分程度の質疑応答やアドバイスをいただく場を設けます。チームで協力してご準備ください。
  • 【事後提出物】競技に使ったプログラム(ソースコード)

参加方法

ESSロボットチャレンジ2019には,「チームの参加申し込み」と「ESS2019への個人申し込み」が必要です。

  • スプリングスクール2019に参加されたチーム
    • すでに「ESSロボットチャレンジ2019の参加申し込み」の同時申し込みをしているチームは、確認連絡を取った上で申し込み処理を代行いたします。
  • ESSロボットチャレンジ2019へ新規に参加を希望するチーム
    • アプリケーションフォームをお送りしますので、7/26までに紹介先へご連絡ください。
  • 参加費
    • ロボットチャレンジ参加学生:17,000円(宿泊・食事込)
      (ESSロボットチャレンジおよび9/5~6のESS@下呂に参加する学生が対象です)
    • ロボットチャレンジサテライト参加学生:3,000円
      (ESSロボットチャレンジに参加し、ESS@下呂には参加しない学生が対象です。学会映像は後日ダウンロード可能とします)
    • チーム参加費:10,000円(1チームごと)

プログラム

【ポスターセッション情報交換会 について】
ポスター発表も合わせて行います。学生の創意工夫を直接議論する場といたしました。ぜひご参加ください。
・場所:東海大学高輪校舎コメドール
・参加費:一般3000円、学生1000円

成果報告会について
チームごとに前日のロボチャレの競技内容や結果について、PPTを用いた5分程度のプレゼンテーションと、5分程度の質疑応答やアドバイスをいただく場を設けます。チームで協力してご準備ください。

ESS2019についてNEW!!
2019年9月5日、6日に水明館@下呂温泉にて、ESS2019が開催されます。
ロボットチャレンジサテライト参加学生は、下記よりESS2019のプレゼンテーションをダウンロードすることができます。
 ・ESS2019presentations (2019年9月29日まで)


照会先

  東海大学 大江信宏 oe.nobuhiro.h[at]tokai.ac.jp 
  (atを「@」に置き換えてご使用ください)
 ご不明な点などございましたら、照会先のメールアドレスへお問い合わせください。


運営組織

運営委員長:久住憲嗣(九州大学)
運営副委員長:佐藤未来子(東海大学)、大江信宏(東海大学)
競技委員長:渡辺晴美(東海大学)
技術委員長:三輪昌史(徳島大学)
実行委員長:元木誠 (関東学院大学)
審査員長:久住憲嗣(九州大学)
審査員:小倉 信彦(東京都市大学)、元木誠 (関東学院大学)、大江信宏、大川猛(東海大学)
ESSRC顧問:二上貴夫 (東陽テクニカ)、久保秋 真((株)チェンジビジョン)