IoTロボット開発に関する研究

■概要

ソフトウェア工学の立場からIoT等の次世代ロボットの開発を支援方法に関する研究に取り組んでいます。主に、コンテキスト指向プログラミングと呼ばれる技術を中核として研究を進めています。

■コンテキスト指向プログラミング(COP)

コンテキスト指向プログラミング言語(Context-Oriented Programming Language)は、オブジェクト指向からアスペクト指向へ、そしてその次のプログラミング言語として発展した言語です。その特徴は、文脈に応じてシステム全体の振る舞いを変更することにあります。様々なCOPがありますが、我々が想定しているCOPはレイヤという単位でシステム全体を書き換えます。環境の変化等、ある文脈に応じて、同時に複数のクラスの振る舞いを変更したいような場合に役立ちます。

■コンテキスト指向システム開発技術

COPを中心に、我々は、ロボットのための新しい開発技術を研究しています。我々のCOPへの最初のアイデアは、レイヤ切り替え部分をOSのように扱うことです。